うちの夫の観察日記

糖尿病、高血圧、腎臓病、脳梗塞、高次脳機能障害、胆石などでボロボロな夫を生ぬるく見守る妻による観察日記

糖尿病網膜症のレーザー光凝固治療

(前にアップした記事ですが微修正していたら再投稿になってしまいました。変更箇所は特にありません)

 

ウチ夫は糖尿病の合併症で網膜症があるので、片目4回ずつ、両目で計8回のレーザー治療を受けてきました。

 
手術名は、両糖尿病網膜症に対するレーザー光凝固治療です。
 
網膜症のレベルは3段階あるらしく、ウチ夫は2段階目の前増殖糖尿病網膜症です。
 
糖尿病で、血のめぐりが悪くなったり、血管が詰まったりすると、目に新しい血管が増殖するらしく、ちょっと伸びかけてるくらいの状態がこの段階のようです。
 
(ここで、「すごい!血がよく通うようになるからラッキーじゃん!?」と思うのが素人(?)ですが)
 
お医者さんが言うには、そうやって増えた血管は、細くて、とても脆くて、出血しやすいんだそうです。
 
(出血すると、なんだかよくわからないけどダメージが大きくて、ヘタしたら失明することもある…とか言ってたような…そこのところは記憶があやふやで…。)
 
でも、この段階のうちに目の縁の辺りの血管をレーザーで焼いておくと、進行が抑えられ、進行してしまったときの治療もやりやすくなるんだそうです。
 
網膜症は、5年10年かけてゆっくり進むもので、今の状態は過去の血糖管理によるものだと言われました。
 
だから、ここ数年の血糖値は安定しているけど、多分このままゆっくり進行して第3段階になるだろうということなので、そうなる前に手術を受けることにしました。
 
(私がウチ夫の立場なら、第3段階に入るまでは、食事管理や体調管理を万全にして進行を食い止める方向で考えるけど…そこは人それぞれ、性格も違えばできることも違うので、選択も人それぞれってことですね)
 
レーザー治療は、右目、左目、右目、左目、右目、左目、右目、左目と、交互に1週間ごとにするようです。ウチ夫は先生と相談して、間に休みを入れながらゆっくりと進めてもらいました。
 
この治療は高額療養費の対象となる手術で、右目4回分が1セット、左目4回分が1セットとなります。
つまり、4回ずつの手術を2回するってことですね。
 
代金は最初の1回目のときに1セット分を払う仕組みなので、右目の1回目と、左目の1回目の時に計算されます。これを同じ月にやると、高額療養費の自己負担限度額で計算後の金額を1回払うだけで済みます。(自己負担限度額が83,400円なら、それと高額療養費の対象外分を足した金額です)
 
右目と左目の1回目が違う月になってしまうと、高額療養費の申請を2回することになってしまいます。(自己負担限度額が83,400円なら、166,800円と高額療養費の対象外分を足した金額ということになります)
 

www.mhlw.go.jp

 
保険料の自己負担率は人によって違うので、詳細は病院で確認してくださいね。