うちの夫の観察日記

糖尿病、高血圧、腎臓病、脳梗塞、高次脳機能障害、胆石などでボロボロな夫を生ぬるく見守る妻による観察日記

ウチ夫は斜面をのぼれない

左下肢に麻痺があるウチ夫は、平らな道を歩く時に、私の2倍の時間がかかる。階段の上り下りはもっと大変なんだろうなーと思っていたが、意外や意外、階段よりも急な斜面の方が大変だ。

f:id:suzha:20150322135058p:plain

階段は足の裏を垂直に置けるし、大抵手すりがあるから一人で歩けるし、脇から支えるとしてもバランスを崩さないようにするだけでいい。
 
ゆるやかな上り坂では、ウチ夫の左脇に手を差し込んでおけば、押しても引いてもそうそう倒れはしない。少しくらいなら、脇の下から押し上げる力で強引に歩かせることもできる。(ウチ夫には嫌がられる)
 
でも、急な坂道の場合は、そうはいかない。
 
左足が斜面に対して垂直になるから後ろ向きに倒れてくるし、その背中を押しすぎると転びそうになる。
 
ウチ夫がタイミングをはかって足を置こうとしたところに、下手に支える力を加えてしまっても、バランスを崩して倒れそうになる。
 
一番安全なのは、平らな道の5倍くらいの時間をかけて自力でゆっくり上ることで、そこが景色のいいところなら尚良しだ。