うちの夫の観察日記

糖尿病、高血圧、腎臓病、脳梗塞、高次脳機能障害、胆石などでボロボロな夫を生ぬるく見守る妻による観察日記

ウチ夫はドアを選べない

初めての場所にひとりで行けないし、嫌がって絶対に行こうとしないウチ夫だが、娘がバイト先で体調を崩してしまったときには、ひとりで迎えに行ってしまった。(もともと優しい父親なのだ)

 
娘のバイト先の横を何度も通ったことがあるので、辿り着くまでは何の問題もなかったけれど、そこから先がウチ夫には初体験だ。
 
とにかく娘のところに行こうと思うのに、目の前にはドアが2つあって、どちらに行けばいいのかわからない。
 
わからない。
 
わからない…。でも誰もいない。
 
困った。
なんで俺はこんなところで困っているんだ。
わからない。
 
困った。
もう嫌だ。
 
 
 
帰る。
 
と、ひとりで帰ってきて、布団に潜って不貞腐れていた。
 
弱っている娘を助なきゃいけないと思うのに、それが出来ない自分が腹立たしかったようで、その後しばらくは落ち込んだり、荒れたり、ひどい状態だった。
 
f:id:suzha:20150325062308j:plain
倒れる前は何でもなかったことなのに、今のウチ夫はドアを選ぶというだけのことが、とてつもなく大変な時がある。