うちの夫の観察日記

糖尿病、高血圧、腎臓病、脳梗塞、高次脳機能障害、胆石などでボロボロな夫を生ぬるく見守る妻による観察日記

ウチ夫は急に曲がれない

ウチ夫の左下肢の麻痺は、舗装された平らな道をまっすぐ歩くなら危険はないが、左に曲がろうとするとバランスを崩して転んでしまう。

 

元々、運動が得意で筋肉も発達していたので、少しのことなら持ち前の筋力やバランス感覚でなんとかなるのだが、ふいに左から引っ張られると、簡単によろけてしまう。(そんな風に引っ張ってしまうのはもちろん私なのだが)

f:id:suzha:20150407145933p:plain

いきなりだとか、小回りで左に曲がろうとすると、左足がぐにゃっと膝から崩れ落ちたり、突っ張ってしまってどうにも動けなくなるので、一人の時のウチ夫は大きめの円を描くように曲がるらしい。

 

倒れない大きさの円を描くのに慣れていなかった頃は、右にくるくると回ってから左方向に進むと言っていて、(またまたご冗談を…)と思ったものだ。


脳の異常をわかっている家族でさえこれなのだから、病気のことを理解するのは本当に難しい。