うちの夫の観察日記

糖尿病、高血圧、腎臓病、脳梗塞、高次脳機能障害、胆石などでボロボロな夫を生ぬるく見守る妻による観察日記

ウチ夫は小さくジタジタする

脳梗塞で倒れてからの、退院後間もない頃の話。

 
それまで、ご近所さんには「自衛隊の人ですよね」と間違われ、娘の友達には「プロレスラーみたい!」と怖がられたウチ夫なのに、この頃はまるっきり3歳児…。
 
体が思うように動かず、言いたいことも伝えられず、癇癪をおこして腕を振り回して暴れていた。
 
行動は3歳児でも、力はあって体も大きいままなので、運悪くちょうどそこに居た(家が狭いので逃げ切れなかった)娘の顔に拳をぶつけてしまった。
娘は勢いよく倒れて、痛くてシクシクと泣いてしまった。幸い腫れたりケガはなかったのだが、いまだに「あれは痛かった。ユルサナイ。」と怒っている。
 
元々の性格が優しいウチ夫は、その時に私から教えられるまでもなく脳の配線がジャキーン!と繋がったようで、それ以来、腕を振り回さなくなった。
 

f:id:suzha:20150411124705p:plain

 
最近は、気に入らないことがあると、とても小さくジタバタするようになった。どうやらこのジタバタは(嫌だけどしなきゃいけないけどやっぱり嫌だ)の意思表示のようだ。
 
我が家ではそれを『ジタジタする』と言っている。