うちの夫の観察日記

糖尿病、高血圧、腎臓病、脳梗塞、高次脳機能障害、胆石などでボロボロな夫を生ぬるく見守る妻による観察日記

ウチ夫は歩いて迎えにくる

このところ残業続きで帰りが遅くなっている私に、ウチ夫が、どの道を通るかメールしておいでと言う。

私は人より歩くの速いんだから迎えに来なくていいよ〜と話していたんだけど、いつもの《帰るメール》に「池の方から」と足しておいたら、池の手前をポテポテと歩いているウチ夫と合流できた。

f:id:suzha:20150514213525p:plain

わざわざ迎えにきてもらうほどの距離でもないんだけど、一緒だとやっぱり安心感が違う。


バイトでときどき夜8時過ぎに帰ってくる娘には、『《帰るメール》をしないなら残業禁止』と言ってあって、働きたい盛りの娘はしっかりメールを送ってくる。

そしたらウチ夫が途中まで歩いて迎えに行ってくれる。


女の子の一人歩きは何かと物騒で心配だから、本当にありがたい。

でも、ウチ夫としては、『面倒くさいけど放っておいたら“私”がひとりで迎えに行ってしまうから仕方なく行く』のだそうだ。


本気なのか何なのかわからないけど、どちらにしてもありがたいことに変わりはない。